路線地図

 全線直流1500V・軌間1435mm

・京浜本線 (品川~長者町) 26.0km 32駅

・空港線     (京浜蒲田~羽田空港国内線ターミナル) 6.5km 7駅

・大師線     (京浜川崎~小島新田) 4.5km 7駅

 品川より地下鉄銀座線と相互直通運転

路線総説

京浜電鉄は1899年の大師線(現在とは違うルート)開通以来、順調に路線を延伸し、1936年には長者町、1939年には現在の地下鉄銀座線と相互直通運転を開始しており、戦前から現在と同じ路線網が出来上がっていたといえる。なお、かつては鉄道省(現JR)の大森と大森海岸を結ぶ支線も存在したが、1937年に廃止された。

路面電車を発祥とする京浜電鉄の路線の特徴の一つとして挙げられるのは、駅の多さである。平均駅間距離は1km未満で、並行するJR線と比べて沿線の力強い足となっているが、高速列車の運行の妨げとなるハンデキャップともなっている。そのため、京浜電鉄では、線路の地道な改良、退避設備の増強、車両の改良に長年多額の投資を費やしており、比較的スムーズな運行が可能となっている。

現実との主な相違点

・地下鉄銀座線と京浜電鉄の直通運転。

・地下鉄銀座線が品川まで走っている。

・新橋駅の構造が2面4線で幻のホーム(東京高速鉄道新橋駅)は存在しない。

・新橋~渋谷間は地下鉄渋谷線(銀座線の支線的感覚)となっている。

・浅草線の泉岳寺から品川方面の線路は存在しない。

・出村駅、キリン駅、野毛山駅などの存在。

・東横線は渋谷~桜木町間を走っており、そこから東急湘南線と直通をしている。

・みなとみらい線は東神奈川を起点としJR横浜線と直通運転をしている。

 

が主な相違点として挙げられる。