快適な特急へ

戦後の混乱は落ち着き、1950年には不定期ながら特急運転が開始されました。同年に登場した国鉄80系に対抗した意もあり、特急は中々の好評ぶりでした。しかし特急に使われる車両は31形、100形、150形、300形と戦前の小型車やロングシートの車両だったので、旅に行くには少し不便だったのです。そこで新たにデラックスな特急専用車が企画されました。

湘南スタイル

「国鉄に勝て」

この言葉から500形の開発がはじまります。当時国鉄では80系という新型電車を登場させ、好評を博していました。やはり人気なもんで早い列車を走らせた横藤電車では到底太刀打ちできません。ならば80系よりもレベルが高くて、今までとは次元の違う電車をつくっちまえとなりました。当時流行してた湘南フェイスに、横藤電車としては初めての全金属製車体で車長は300形より2m長い18mとなり、車幅も広くなっています。車内は転換クロスシートとロングシートの組み合わせで、150形が戦時中にロングシートに改造されて以来のクロスシートの採用となりました。転換シートは重量がかさみ、固定シートの方が軽量化が図れるのですが、「国鉄に勝て」という言葉から転換シートが採用されたわけです。ちなみにロングシートを採用したのは、台車付近に床下点検蓋があることと、地味に停車駅が多い横藤電車だったからでした。車体塗装はこれまで茶色だった横藤電車の車両とは思えない奇抜な塗装で、クリームと赤の二色で華麗な車体となったのです。

新機軸の電車

「国鉄に勝て」

この言葉がある以上、舐めた設計はできません。「80系以下の電車を考えるやつは会社を辞めろ」というほどの熱気でした。80系を超える電車にするということで、駆動・モーター・ブレーキの主な三点を軸に全ての機器類を新たなものにすることになりました。

駆動はつりかけ駆動からカルダン駆動(WN駆動)と新たな機構が採用されました。カルダン駆動は従来のつりかけ駆動よりも乗り心地が改善され、スピードアップも実現できるからでした。モーターは今までのものよりも高速、小型、軽量のモーターで京阪電鉄で既に採用例もあったMB-3005を搭載したのです。ブレーキには電磁直通ブレーキが搭載されました。これにより従来の電車よりも素早い減速が可能となったのです。そして台車は川崎車輛が当時開発していた高速走行に優れたOK台車を履いたなど、500形は進取の気象に富んだ電車となりました。

 

500形で採用された川崎車輛のOK台車。直線を高速で進む分には申し分がなかったのですが、カーブを走る時の乗り心地はガクンガクンと揺れるものでした。

500形の歩み

湘南を舞台にした石原裕次郎氏の短編小説「太陽の季節」が発表された1955年、5月に横藤電車原宿工場に運び込まれた500形の第一編成は2ヵ月にも及ぶ試運転を経て後に投入された第二編成と共に夏季ダイヤ開始日に運転開始しました。夏季期間中に、新たに2本投入され9月のダイヤ改正から4本が一気に特急に充当されたのです。500形の登場は横藤電車沿線で大きな話題を呼びました。今までの電車はどれも小さく、色は茶色というあまりパッとしないデザインだったからです。500形は18m級と大きくなり、色はクリームと赤の派手な色、車内には転換クロスシートが整然と並んでおり、今までの電車と比べれれば驚きをかくせなかったでしょう。特急運転士は選抜で選ばれた者だけが運転が出来るなど、500形は華の存在でした。反面、国鉄の二等車並みの席を特急料金不要で乗れるという点ではかなり大衆的なものだと思います。整備士からは新機軸の技術が飛び込んできたというのでかなりの苦労があったようですが、500形を投入してから横藤電車の横藤間の利用客がグンと増えたということには500形の効果は絶大だったことが分かります。1970年の昇圧のため、もともと4両×4本だったのが6両×2と4両×1となり、また冷房装置も設置されました。600形、750形が登場してからも2ドア転換クロスシート装備車ということで、横藤電車のフラグシップ車として君臨し、太陽族・若大将・サザンといった湘南カルチャーと共に歩んでいき、多くの乗客から好評を博しました。その500形の華の時代は長くは続かず、ラッシュ時の混雑や陳腐化がひどくなっていき、晩年は敬遠される存在となっていったのです。1989年に801形が登場すると500形は置き換えられ、1990年に引退セレモニーが執り行われて引退しました。500形の501号車は辻堂海浜公園で静態保存されています。

その後2001年に500形Ⅱが登場するまで横藤電車からクロスシート車が消滅しました。