アウトライン

長年、横藤電車の事業用車として活躍してきた初代11形ですが、1995年に200形が引退してから唯一のつりかけ駆動・自動空気ブレーキ車となってしまいました。これは他車とシステムが違うため、整備士や乗務員からも非常に厄介がられており、新たな事業用車が必要となったのです。

主要機器は流用品

主要機器や窓は当時廃車となった600形の629編成から流用いたしました。新たに造った部分は台枠と車体です。台枠には重量物運搬のため魚腹式台枠を採用し、車体は最前部に作業員の休憩室のために有蓋室を設け、またパンタグラフ設置のため、屋根だけが少し延長されています。車体には貨物を意味する「cargo」の頭文字をとってC-carと書かれています。

現状

11形は主な運用として毎週月曜日に原宿工場~町屋検車区の部品輸送などで、一往復する定期運用の他、事故災害時の救援車として活躍しています。

この電車、中々お目にかかれないんですよね~

でしょうね、平日の日中に走ってますから。

アタイは見たことあるよ。

学校サボってるの?

不良だね!

んなわけねーだろが。まあ見たことあんだよ怒

羨ましいな

今度、休日に走らせてあげましょうか?

えっ、本当ですか!?

はい!その分貸切料金頂きます!

そういうのですか…