貨物輸送開始へ

横藤電車は1933年の平塚延伸と同時に、新たに貨物輸送の取扱を始めることにしました。そのときに新製された無蓋電動貨車こそ11形です。主要機器は同年に製造された150形と同じものが使われおり、車体は平床で、床下に補強用のトラス棒を備え、両端に乗務員扉1枚分の奥行きと妻面に窓1枚を設けたリベット組み立ての鋼製運転台が設置されています。平塚寄りの運転台は屋根が荷台側に延ばされて、パンタグラフが搭載されており、荷台部には背の低いあおり戸が両運転台間の全長に渡って設けられています。塗装は全て灰色で、いつしか宇宙人という愛称が付きました。

11形の歩み

当時は自動車輸送が発達していない時代だったので、レールや砂利、枕木等の重量物を大量に運ぶだけでなく、沿線の貨物輸送も担いました。湘南地域から、海産物や農産品を横浜の市場へ運び、復路では横浜でつくられたキリンビールなどが運ばれていたそうです。貨物輸送は非常に高い収益をあげ、3両増備され4両の体制で貨物輸送を担ったのです。1940年には皇紀2600年を記念して、特別な装飾を施し国威発揚いも一役買いました。太平洋戦争が終わった後は、空襲などで傷ついた線路などの復旧作業時に大いに活躍しました。その後はトラックなどによる輸送が主流となって行き、貨物輸送量は減っていき1963年には横藤電車の貨物輸送は終了し、同時に11号と12号が廃車され、残りの13号と14号は救援車や資材輸送車として不定期ながらも活躍し続けました。1974年に町屋検車区が開設されると原宿工場との間で部品を輸送するという定期運転が復活しました。そして1996年に後継の2代目11形にその役目をバトンタッチし引退しました。