アウトライン

600形の項でも述べたとおり、横藤電鉄では1960年あたりから架線電圧を600Vから1500Vにする動きも具体化し始め、その昇圧工事がなされない車両を置き換えることが急務となりました。急行用に600形、普通用に700形という具合で、また小型車が一掃された後には普通電車のランカーブを高くして、効率のいいダイヤを組むことを前提とされていたので、700形には高加減速が可能な設計が求められました。

安く、速く、快適に

700形は51形・200形の置き換えの他に朝ラッシュ時を中心的に普通電車の本数を増発するのに対応すべく、今までの普通車の倍程の車両を製造する計画で、大量に生産するために、大幅にコストを下げることが課題となりました。しかし大量生産するにも関わらず高減速が可能な性能を得るために、全電動車方式を採用しました。電動機は75kw級のMB-3028を、制御器にはABFM制御(初期車)を採用しています。

車体は600形を基にしながらも、横藤電車初の4扉としました。これは当時旅客が急増し朝ラッシュ時に大幅な遅延がみられました。そこで少しでも乗降時間短縮のために、両開きの4扉とし、電車の定時運転を向上させようとしたからです。両開き扉は21形で採用されていましたが、21形は観音開きで開くものだったので、全くの別物と言えましょう。主要機器で製造コストが大幅に高くなったので、前面の丸みを無くし、コストダウンしています。塗装は下半分を青、上半分を600形と同じクリーム色とし、青色は普通、赤色は急行というのが明確になりました。内装は化粧板にオリーブグリーン、座席には青と寒色系でまとめています。700形はコストダウンしながらも乗り心地向上をしなければならないのが、難しい点でした。そこで汽車製造のエコノミカル台車を採用することにしたのです。このエコノミカル台車は急曲線が多く、当時旅客が急増してた京阪電鉄で大きな評価を得ました。ある程度の乗り心地が確保されることと、イニシャルコストが安いということからでした。横藤電車も曲線が比較的多く、旅客が急増していたのでこのエコノミカル台車を採用しました。また横藤電車で初の空気ばねがついた電車となりました。

700形の歩み

700形は1965年に600形より数か月遅れて登場しました。当初は2両固定編成非冷房でしたが、後に中間車が組み込まれ、冷房が搭載されています。そして12編成導入され、1970年の昇圧までにラッシュ時を除き、小型車を一掃しました。しかし1973年に第一次オイルショックが起こりました。この際に電鉄会社でも省エネが叫ばれ、社内でもL-carは加減速がたくさん行われているので、非常にエネルギーの無駄をしてるのではないかという意見が上がり、省エネなシステムへの転換が求められました。そこで電気子チョッパ制御の採用が検討されたわけです。電気子チョッパ制御は回生ブレーキの使用が可能だけでなく、粘着性能の向上、保守作業の低減が出来るので省エネンの観点だけでなく、保守の観点からも優れた制御器でした。しかし非常に高価だというのが、難点だったのです。「大量生産するのに、何故こんなにバカ高い制御器を使うのか」と営業課からの反対の声もありました。そこで車両課などは営業課に対して、「この回生ブレーキを使えばランニングコストも下げられるし、保守の低減で人件費削減なども出来る」などと説得し、1976年の716編成から電気子チョッパ制御を採用しました。1980年には200形を淘汰し、普通電車は全て700形となりました。1990年からは青とクリームの旧塗装から、より明るいイメージを持たせるため、パステルブルーとライトグレーの組み合わせに塗装変更しました。そして大きな変化がないまま21世紀に入ります。しかし1965年から40年以上がたって劣化していました。ですから2010年から新たなL-car900形が登場しました。この900形により現在、3編成が廃車されました。今後どのように廃車されていくか注目です。

現状

現在の700形の運用は優れた加速、減速性能を活かし専ら普通専用車として、主に横浜~平塚間の普通につきます。ラッシュ時などは例外で急行にも運用されます。また寒川線にも定期運用はありません。

 

なお現在704編成はリバイバル塗装を行っています。

実際のところ電気子チョッパ制御はどうなんですか?

製造コストよりも予想以上の効果を発揮してくれましたね。営業課はランニングコストの低減、電気部からはラッシュ時の電圧降下をある程度防いでくれるなど評価は高かったのですがね…

高かった…?

現在だとVVVFインバーターに比べ、使用効果が薄いことと、特殊な制御故、部品が不足して危機的な状況にあるというも事実です。

最初は脚光を浴びたのにも関わらず、現在では厄介がられてるんですね…

可哀想だね!

つなぐんもそうならないように努力して下さい。

最初っから脚光を浴びてませんよね…