戦後初の急行車

1945年に終戦をむかえました。横藤電車の設備・車両は荒廃し、すぐに復旧にとりかかったものの抜本的な解決には至りませんでした。その根本的な理由として当時の横藤電車の車両は全て14m級の小型車で輸送力が完全に不足していたのです。そこで、新たに幅も広く、車長の長い新型車両をつくることになりました。

スマートな車体

戦後初の新規設計で、150形以来の急行専用車ということもあり、従来の車両とは一線を画した設計となっています。200形まで横藤電車の車長は14m級でしたが、軌道改良工事などを行い従来車より2m伸ばした16m級の中型車となりました。その車体はノーシルノーヘッダーとなり、スマートかつ、近代的なスタイルとなっています。また横藤電車の代名詞であった鍵形ライトは無くなり、上部に前照灯と急行灯、下部に尾灯を設けました。車内は当時急増していた旅客に対応するためオールロングシートとなっています。

昇圧を見通した設計

床下機器は昇圧を見通した設計となっています。まだ300形が登場した頃は架線電圧の昇圧は決まっていなかったのですが、いずれかは輸送力などの観点から昇圧するであろうと見解したためなのであります。主電動機には今まで外国のWHモーターを使用していたのですが、新たに国産のWH社と連携している三菱電機のMB-115を採用しました。

300形の歩み

300形が登場した1950年は戦後の混乱も落ち着き、人々が行楽を求めはじめてきた頃でした。また横藤電車のライバルである国鉄東海道線には新型の80系が登場したのです。横藤電車はそれに、この300形の登場と急行より速い特急電車の運転で対抗しました。特急運転開始時には専用の車両が無かったため、300形をはじめ31形、100形、150形が使用されました。しかし1955年には新型500形が登場したため、300形は急行を中心に活躍し、多客時には特急などに入りました。1960年代までは横藤電車の通勤車のスタンダードでしたが1965年に300形よりも大型な高性能車600形が登場したため、活躍の場が次第に狭くなっていきました。

1970年に600Vから1500Vに昇圧するために、昇圧対応工事が行われ、車体塗装などは従来の茶色から600形と同じ赤とクリーム色に変更されています。そして1980年に新型750形が登場したため、順次置き換えられ1985年に全廃となりました。