初の固定連結車

横藤電車は1930年代後半から平塚に軍需工場の操業開始や、沿線の宅地化により、乗客が増えてきました。朝ラッシュ時など単車では、輸送不足となってきました。そこで新たに2両固定編成で新型車をつくることになりました。

絶大な輸送力を誇る

200形は横藤電車で初めての2両固定編成となりました。基本的には51形と同じ3扉なのですが、容量が大きくなったため運転室が左右に広く取られており、また前面は元々2両編成であるがため、他の型と連結する必要がないということで非貫通のデザインとなっています。

電装品は51形とほとんど同じのWH546-J主電動機と手動進段のHL制御、単純なSMEブレーキを採用しました。

200形の歩み

1937年に登場した200形。2両固定編成はラッシュ時に絶大な輸送力を発揮しました。200形は他の型に比べると形式車両数は少なかったのですが、非貫通式のデザインでかなり目立っていたそうです。戦中、戦後も51形と共に普通電車の主力として活躍しましたが1970年に600Vから1500Vに昇圧されるため、1965年に新型の700形が登場することになりましたが、全てを置き換えることは難しいため、一部は電動機をMB-98Aに振り替え、電連の取り付け、ブレーキをSMEからAMMに改造などの昇圧工事を行いました。その一部も順次700形に置き換えられ1980年には本線上から撤退しました。また寒川線は人車鉄道だった経緯なので車両長や重量に制限があったため、1970年まで14m級の小型車が走行するのが目一杯でした。正月の寒川神社参拝客で、当時は100形や150形などの小型急行車が寒川線直通急行「八福号」に充当されていましたが、この小型急行車は1970年の昇圧で全廃してしまうため、この「八福号」の運用は16mの300形、18mの600形充当される予定でした。そのため、1970年までに寒川線は軌道改良が行われました。しかし正月以外の寒川線は閑散としてるため、大型車では輸送力過剰となってしまいます。そのため寒川線専用車として、14m級で一番新しい200形の一部が投入させられました。寒川線は対抗路線の相模線が気動車だったことから、旧型でも全く問題ないということで、200形は20年間も走っていましたが、1990年にJR相模線が電化され、それに対し横藤電車も寒川線近代化のため600形が入線することになりました。1995年、58年という長い歴史に幕を下ろしました。これは横藤電車の最後のつりかけ車(事業用車を除く)で、また日本でもこんな古典車が走ってる大私鉄は西鉄の甘木線や名鉄の美濃町線くらいだったので、運転最終日には全国から多くの鉄道ファンが集まりました。

連結器交換や塗装変更などの改造などが行われた
連結器交換や塗装変更などの改造などが行われた