アウトライン

当時横藤電車の架線電圧は600Vで、速度の向上や列車の増発などには限界がありました。他の会社はというものの東京の大手私鉄は既に1500Vが主流となっていたのです。横藤電車はまだ600Vでしたので早く架線電圧を昇圧することが急務となりました。しかし昇圧するには機器がそれに対応しなくてはならなく既存の車両はモーターなどを取り替えなくてはなりません。少なくとも戦後に出来た車両は昇圧工事をしてもいいのですが、戦前の車両は車齢や車両容量から考えて一部の車両を残して廃車にすることにしました。そこでその車両が廃車される分新型車に置き換えることにしました。

高性能車のスタンダードとして

高性能車は一足早く登場した特急車500形が初めてで、600形は通勤車として初めての高性能車でありました。600形は小型車の置き換えだけでなく、昇圧後の輸送力増強を図るために、大量に増備することが可能なコンセプトで設計されています。

車体は500形で確立された18mで、片開き3つ扉です。1・3・5号車のドアは横浜方に向かって開き、2・4・6号車のドアは反対側の平塚方に開きます。戸袋窓はHゴム支持の固定式で、他の窓は開閉式です。前面は前照灯を最上部に、そして急行灯を上部に、尾灯は下部にし、また方向幕付きの貫通扉を設けた300形譲りのスタイルとなっています。そして、塗装は下半分を赤、上半分をクリーム色とし、500形以外茶色だった横藤電車に旋風を巻き起こしました。

内装は化粧板にベージュ、ロングシートの座席には赤と暖色系でまとめています。

 モーターと制御器は急行車としての高速性の他に加速力もあげたいと三菱電機に申した所、MB-3070とABFM式の制御器の組み合わせが提案されました。MB-3070は西鉄600形や後に京急700形に採用された補償巻線付の電動機です。ABFM制御機は三菱製の超多段式の制御器です。この組み合わせにより起動時は強力な粘着力でぐいぐい加速し、高速域は補償巻線を活かして走り、また加速時は空転などもを抑えることに成功したのです。ブレーキには500形と同じHCS-Dを採用しました。しかし、これにより旧式の電車とは連結することが出来なくなるため、現場からは反対の声があったようですが、600形は旧来のシステムとは決別したということが分かります。

500形では川崎重工が得意としたOK式の台車でした。OK式は高速走行時の安定した走行を目指した台車で、この台車を履いた500形は乗客から速く走ってるときの揺れが少ないという評価がありました。しかし曲線通過時に安定した揺れが得られないことや、整備士からも構造が複雑で、整備がしにくいなどの悪評があったので、600形での採用は見送られたのです。

寒川ワンマン車

寒川線にいるつりかけ車の置き換えを目的に600形を2両に改造の上、寒川線に投入させることになりました。その際に中間車を抽出し、先頭車の運転台や顔面を溶接し、ワンマンでも運転が可能な設計に改造いたしました。改造した車は679~692です。なおこれらは849形に置き換えられ、2014年3月31日に寒川線から撤退しました。

600形の歩み

1965年の登場時は2M2Tで架線電圧も600Vだったので、本来の性能は発揮できませんでした。しかし当時の急行のダイヤは戦前の小型車のランカーブでつくられていたため、その性能には申し分なかったと聞きます。1970年までには昇圧に対応しない小型車の置き換えが完了し、1970年の昇圧時には当初の計画通りおしどり方式で対応しました。その後も単なる置き換え車といった訳でなく、高度経済成長により急増した沿線住民を円滑に運ぶよう、1978年までに総勢96両が製造されました。 登場時は4両編成非冷房でしたが、637編成から冷房搭載の4M2T、6両編成で製造され、後に4両編成非冷房だった編成も冷房化改造と中間に新造の電動車を2両組み込んで、1978年までには全てが6両編成冷房完備となりました。

その後750形が登場するも、横藤電車の通勤型の大世帯として準急、急行、通勤特急、特急で幅広く活躍しました。1990年になると、初期高性能車を全て置き換える800形が登場します。600形の先輩格にあたる500形が1990年引退し、続いて600形の置き換えへと移行しました。寒川線近代化のため、つりかけ車を600形で置き換えるため、ワンマン2両に改造された車両もいます。2001年の湘南新宿ラインの対抗のために行われたダイヤ改正で、優等列車の運転曲線が600形基準のものから800形基準のものとなってしまったため、600形が特急運用に入るとフルノッチで飛ばさないといけなくなってしましました。またサービス面からも古い車両は敬遠されてしまうことから、800形の投入は再び進められました。そして2015年には新型ATSが導入される予定で、この導入と同時に600形は引退することが噂されています。それに先立ち、2014年3月31日をもって、寒川線からは撤退しました。

旧塗装時代の600形
旧塗装時代の600形

現状

現在の600形の運用は古参なのでありますが、優等列車なら全て就きます。

そして現在6連×2本の計12両が存在しています。

 なお現在661編成はリバイバル塗装を行っています。

600形は僕のおじいちゃんデスヨ。

(つなぐんの方向性…)600形って一番素敵ですよね!うきうきします。なんか彼氏にしたい感じかな~♡

お前頭大丈夫か?

あんたには言われたくないって。

そんなに600形のこと褒めちゃうとフラッシュオーバーしちゃいますよ笑

600形愛されてますよ、乗務員からも整備士からも。横藤電車の飛躍と発展と共に歩んできた電車ですから。

ってか、この電車ドア一枚で扇風機がビュビューしてる電車か。駆け込み乗車したときは、ドアに挟まれて痛いわ、音がうるさいわで、最低な電車だべ!

横藤電車は待たずに乗れますので、駆け込み乗車はおやめ下さい。あと、騒音の方でしたら、是非駅の売店で耳栓をお買い求めください。70円ですよ!お安いですよ!あと、つなぐんのぬいぐるみもご一緒にお買い求めて下さると幸いです。

えっ、俺そんな売れ残ってんの?マジ?マジ?チョー最悪なんですけど~怒

(つなぐんってこんなキャラだったっけ…)