明治の終わりごろ横浜は港町として発展を遂げ、大都市へと変貌していた。一方の藤沢は江戸時代より遊行寺の門前町、東海道の6番目の宿場町、江の島詣の足場として栄えており1887年には東海道線、1906年には江之島電気鉄道が開通した。人口は少ないものの江の島詣などをする者などの中継点として、それなりの鉄道を通す需要はあったそうだ。

東海道線は長距離輸送を目的としており、旧東海道のルートとは外れている部分があった。また運賃も高く庶民がそう簡単に乗れるものではなかった。そこで地元の有志達は気軽に乗れる鉄道の敷設構想を打ち出したのである。気軽に乗れる鉄道して煤煙もなく、人件費なども節約できる電車が提案された。既に大阪の阪神電鉄、東京の京浜電鉄が電気車を用いて頻発運転、安価な運賃などを武器に、かの東海道本線を凌駕していたのである。この電気車を用いて頻発運転、安価な運賃という鉄道はインターアーバンというものであった。インターアーバンというのはインター+アーバンの造語で、都市間電車という意味の電車で、藤沢の街にもインターアーバンの敷設をしようという機運が高まり、1913年に横浜と藤沢という都市を結ぶのを目指し横藤電鉄は創立したのである。