1933年、横浜~平塚間が開業した。この区間は今までとは違い、直線主体でレールには従来より重いレールを採用するなど、軌道時代の面影は既になくなった。また茅ヶ崎からは1924年に廃線となって草木が生えてた寒川人車鉄道の土地を活用して寒川神社への参詣路線を開通させ、貨物輸送の取扱も開始された。そして平塚から小田原まで延伸する計画があったものの、やがては資材・資金の不足などから頓挫してしまう。車両面では、当時は軽快でモダンな車両が導入され、省線に負けずとモーターを甲高く唸らせながら走っていた。正にこの時代を華の時代といっても過言ではない。

 しかし華の時代は長くは続かなかった。それは1937年に勃発した日中戦争により平塚に軍需工場が出来たため、当社も観光・都市間高速輸送から工員輸送への転換が求められた。その為、容量の小さい1形を廃車にし、新たに2両編成の200形が導入された。

1938年には陸上交通事業調整法が発布された。これに基づき多くの私鉄が各地域ごとに統合されることになった。ここ湘南も例外ではなく1942年に当社は沿線の乗合乗車会社などと統合し、湘南では最大の影響力を持つようにまでなった。