戦後の混乱は落ち着き、人々は行楽・観光を求めるようになった。国鉄では同年に80系という鉄道界に名を残す名車を登場させるわけで、輸送力増強を念頭に復興を遂げてきた横藤も戦前の水準を取り戻すとして特急運転を開始させた。この特急は80系といいバトルを繰り広げたようで大勢の利用客に好評を博した。しかし使用車両はロングシートの300形や戦前の小型車群であった。

その特急の全運用をクロスシート型の電車で運行させたかったため1955年に新型車500形がデビューした。この500形は当時流行していた湘南窓を採用し、また技術もカルダン駆動などの新機軸を採用した新性能電車で、以後90年代までフラグシップ車として活躍した。

 

この頃になると電車の本数も増えて架線電圧が600Vでは輸送の支障にきたすということで1500Vの昇圧が決定し、昇圧出来るものは改造や電装品の交換、車齢が高かったりするものは置き換えが決まり、1965年には「E-car」用の600形。「L-car」用には昇圧と同時に登場した700形が置き換えた。設備も向上させ新たに団地群が増えたため永田台駅などの開業や昇圧と同時に日中の特急全6両化、そして藤沢駅の高架化工事などが行われた。