2010年には横藤電鉄で初めてボルスタレス台車を使用した900形が登場した。近年のJR・私鉄を問わず車両の共通化・標準化が進み、900形も将来性などからスタンダードな技術を採用した。

 

2013年、横藤電車は100周年を迎えた。100年の間、様々な苦難を乗り越えてきた横藤電車。これからも苦難は待ち構えている。

 

そして2年後の2015には開業100周年が待ち構えているが、同年には新型ATSの導入など横藤電車は変わり続けていく。

 

 

100周年を記念して、今から40年前程前まで走っていた100形Ⅰの名を継ぎ100形Ⅱが登場した
100周年を記念して、今から40年前程前まで走っていた100形Ⅰの名を継ぎ100形Ⅱが登場した