2000形

 2000形は28年ぶりの新造車として、1992年にアルナ工機(現.アルナ車両)にて製造された市電初のVVVFインバータ制御車です。主要機器だけでなく、窓や方向幕が大型化されたりし、従来車に比べて洗練されたデザインとなったことより、多くの市民から好評を博しました。2000形が製作された1992年は、1962年に横須賀市と米国コーパスクリスティ市が姉妹都市提携をしてから30年を迎えたということもあり、製作された2両とも横須賀市が姉妹都市提携してる海外4都市をイメージした塗装になっています。製造コストが高かったことなどから2両しか製造されませんでした。

データ

製造年 1992年~

製造メーカー

アルナ工機

電動機出力

60kW×2

駆動方式

平行カルダン駆動

制御方式

VVVFインバータ制御
車体全長 12,320mm

自重

19.0t

定員

88人

2001号:1992.8製造 コーパスクリスティ市、ブレスト市塗装

2002号:1992.8製造 フリマントル市、メッドウェイ市塗装