500形

 500形は1955年よりナニワ工機(現.アルナ車両)にて製造された新製ボギー車です。横須賀は朝鮮戦争勃発により、再び活気が盛り上がり、市電にもその影響が出始め、小ぶりの旧型車が主力であった横須賀市電の輸送力には限界が見えていたことから製造されました。

 車体は大阪市電3001形や東京都電7000形などを参考にした半鋼製のスマートなものとなり、窓や方向幕も従来のものから大型化され市電の質を向上させました。また横須賀市電お馴染のブルーとクリームのツートンカラーはこの500形より採用されています。500形は3年ほどで14両も製造され、主力車両となっただけでなく、この後の横須賀市電の車両のベースをもつくりました。

 1960年代後半よりワンマン化改造、1980年代には冷房化改造が行われ、現在では4両が活躍中です。

データ

製造年 1955年~

製造メーカー

ナニワ工機

電動機出力

60kW×2

駆動方式

吊掛駆動

制御方式

抵抗制御(直接制御)
車体全長 12,500mm

自重

16.9t(冷房改造後)

定員

96人

501号:1955.5製造

502号:1955.5製造

503号:1955.5製造

504号:1956.4製造 1997.3、2501へ改造

505号:1956.4製造 1997.8、2502へ改造

506号:1956.4製造 1998.2、2503へ改造

507号:1956.10製造 2002.8、2507へ改造

508号:1956.10製造 2004.4、2508へ改造

509号:1956.10製造 

510号:1957.8製造 2007.3、101「横須賀ストーリーⅠ」へ改造

511号:1957.8製造 2008.8、102「横須賀ストーリーⅡ」へ改造

512号:1958.10製造 1999.2、2504へ改造

513号:1958.10製造 1999.6、2505へ改造

514号:1958.10製造 1999.10、2506へ改造